神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演決定!

2017年11月にKYOTO EXPERIMENT2017メインブログラムとして世界初演を迎え、第62回岸田國士戯曲賞を受賞した注目の作品が、ついに東京で再演!
アルゼンチン・ブラジルのキャストとともに、全編スペイン語で上演します。

第62回岸田國士戯曲賞受賞作品
神里雄大/岡崎藝術座『バルパライソの長い坂をくだる話』東京公演
2019年8月21日(水)〜25日(日)
会場 ゲーテ・インスティトゥート東京 東京ドイツ文化センター

「バルパライソの長い坂をくだる話」特設webサイト

  夫/父親の遺灰を海に撒きにやってきた人の話、
太平洋を越えた遥か昔の人類の話、
南米パラグアイで観測された皆既日食の話、
沖縄の地で今も眠る戦没者の骨を発掘する男や
小笠原でバーを経営する男の話───

オセアニアや小笠原や琉球の諸島、ラテンアメリカの
各国を自身で歩き集めたエピソードが織りなす
“メッセンジャーとしての演劇”。
自身の劇言語を確立し、文学界からも注目を集める
神里が「移動」で歴史を切り拓く。

作・演出:神里雄大
美術:dot architects、廣田碧
出演:マルティン・チラ、マルティン・ピロヤンスキー、マリーナ・サルミエント、エドゥアルド・フクシマ

主催:岡崎藝術座、株式会社precog
提携:ゲーテ・インスティトゥート東京 東京ドイツ文化センター
後援:アルゼンチン共和国大使館
助成:芸術文化振興基金、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
製作:KYOTO EXPERIMENT