神里雄大/岡崎藝術座「+51 アビアシオン, サンボルハ」ペルー・メキシコツアー

2019年12月、ペルー・メキシコにおいて、神里雄大/岡崎藝術座『+51 アビアシオン, サンボルハ』の上演が決定!

2年ぶりの上演となる本作、ダンサー・振付師の捩子ぴじん氏、俳優 稲継美保氏、福永武史氏といった才能豊かなメンバーを出演者に迎え、劇団初となる中南米公演を実施します。
新たな、『+51 アビアシオン, サンボルハ』にご注目ください!

神里雄大/岡崎藝術座『+51 アビアシオン, サンボルハ』ペルー・メキシコツアー 国際交流基金WEBサイト

岡崎藝術座『+51 アビアシオン, サンボルハ』ペルー・メキシコツアー
2019年12月13日(金)・14日(土) 会場|メキシコ/テアトロ・ベニト・フアレス
2019年12月19日(木)・20日(金) 会場|ペルー/アリアンス・フランセーズ・リマ

[作・演出]神里 雄大
[出演]捩子ぴじん、稲継美保、福永武史

チケットは11月上旬販売開始予定!

東京の人混みの中、政治にも社会にも絶望して、何をしていいかわからなくなっている若い演出家のもとに、大正時代、東京で演出家として活躍し、その後メキシコに亡命し、現地で演劇学校をつくったセキサノの亡霊が現われ、若い演出家を叱咤する。彼らは若い演出家の家系がある沖縄へ向かい、墓まいりのあと、基地移設反対運動の様子を見る。その後、多くの沖縄人や日本人が移住したペルーまで旅をし、そこで私財を投げ打って高齢者となった移民者のための施設を建てた神内良一のエピソードを知る。演出家であることをやめた若者は、絶望とも希望ともつかない様子のまま、ペルーの街に消えていく。

小道具はすべて出演者のスーツケースから出現し、観客と一緒に旅をしていくような作品。
これまでに、国内9都市、海外5都市で上演。

神里雄大によるコメント|
この作品は、2年前にインドネシアでいったん終わりを迎えました。
今回、メキシコ、ペルーと、この作品で重要な舞台となっている土地で上演できることとなり、現在、沖縄は那覇にてリハーサル中です。沖縄もこの作品で重要な舞台です。
キャストはすべてかわり、5年前に書いた作品に取り組んでいます。この数年でわたしたちがどう変わってきたのか、なにがなされ、なにが悪くなってしまったのか、そんな話をしながらリハーサルをしています。
新しいキャストは、それぞれ、東京、京都、沖縄を拠点に活動する方々で、活動拠点に限らず、その時々で都合のいい場所に集まって創作ができればいいと思っていたので、今回図らずもそれが実現しました。11月中旬からは東京にリハーサルの場を移します。
できるだけ多くの会話や議論をしながら、この作品の新しい姿を見てみたいと思います。

プロフィール|
捩子 ぴじん(出演)
2004年まで舞踏カンパニー大駱駝艦に所属し、麿赤兒に師事する。舞踏で培われた身体を元に、自身の体に微視的なアプローチをしたソロダンスや、ダンサーの体を物質的に扱った振付作品を発表する。2011年、横浜ダンスコレクションEX審査員賞、フェスティバルトーキョー公募プログラムF/Tアワード受賞。2016年、Our Masters 土方巽「異言/glossolalia」キュレーター。京都在住。生活にダンスの杭を打ち込むべく“ダンサーズ”を主催し、定期稽古を行う。

福永 武史(出演)
1973年、大阪府生まれ。1975年〜1977年を徳島県で過ごし、1978年より沖縄県在住。沖縄大学在学中の1996年より俳優としての活動を始める。2011年、わが街の小劇場という空間を創り、演出家としての活動も行う。2018年利賀演劇人コンクール優秀演出家賞受賞。

稲継 美保(出演)
1987年生まれ。俳優。東京藝術大学在学中より演劇を始め、舞台を中心にフリーランスで活動中。これまでに岡崎藝術座、サンプル、チェルフィッチュ、ミクニヤナイハラプロジェクト、バストリオ、オフィスマウンテン、坂田ゆかり、東葛スポーツなどの作品に出演。また、2019年にはポーランドの演出家マグダ・シュペフトの新作「オールウェイズカミングホーム」に出演するなど、国内外問わず幅広い役柄をこなし、枠にとらわれない活動を行っている。岡崎藝術座には、これまでに「アンティゴネ/寝取られ宗介」「隣人ジミーの不在」「(飲めない人のための)ブラックコーヒー」「イスラ!イスラ!イスラ!」に出演している。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

制作    :株式会社precog
主催    :国際交流基金
共催    :メキシコ市立劇場
協力    :在ペルー日本国大使館、在メキシコ日本国大使館

本ペルー公演は日ペルー交流年(ペルー日本人移住120周年)を記念する事業の一環として行われます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

神里雄大/岡崎藝術座 2019年新作「ニオノウミにて」情報公開!

2019年10月から京都・那覇・横浜の3都市で上演する新作、神里雄大/岡崎藝術座『ニオノウミにて』の情報を公開しました!
京都公演は7月26日(金)チケット発売開始です。
京都公演限定、“助六弁当食べながら観劇できるチケット”も発売します!詳細は特設サイトにてご確認ください。

神里雄大/岡崎藝術座「ニオノウミにて」特設webサイト

神里雄大/岡崎藝術座「ニオノウミにて」

作・演出:神里雄大
出演:浦田すみれ 重実紗果 嶋田好孝

京都公演 2019年10月25日(金)~27日(日) @京都芸術センター
那覇公演 2019年11月8日(金)~10日(日) @アトリエ銘苅ベース
横浜公演 2020年1月11日(土)~19日(日) @STスポット

<ノート ー神里雄大>
琵琶湖で釣りをして、回収ボックスに入れたり、リリースしたりした。様々な立場の人の話を聞いて、生態系保存と治水の関係を考え、外来魚駆除大会へも行き、ブラックバスを食べ、湖岸を一周した。いつもざわざわしていた。
複雑に絡むそれぞれのトピックは立場のちがいを際立たせて、対立するか無視し合うかしか先はない、みたいな感じがして、こわかった。いまの世の中の縮図を見た気がしてしまった。
でも、琵琶湖はいつまでも見ていたいほどうつくしくて、
漁師たちの住む沖島も湖岸から見た竹生島も、神秘的な雰囲気に満ちていた。能の「竹生島」をこの作品の参考にすることに決めた。
生き物に内も外もあるのだろうか、人間にそれを決める権利などあるのだろうか。
こわい、けれどもうつくしい琵琶湖のことを想像しながら、キャストやスタッフたちと話し合いつつ、創作する。

神里雄大/岡崎藝術座「バルパライソの長い坂をくだる話」東京公演決定!

2017年11月にKYOTO EXPERIMENT2017メインブログラムとして世界初演を迎え、第62回岸田國士戯曲賞を受賞した注目の作品が、ついに東京で再演!
アルゼンチン・ブラジルのキャストとともに、全編スペイン語で上演します。

第62回岸田國士戯曲賞受賞作品
神里雄大/岡崎藝術座『バルパライソの長い坂をくだる話』東京公演
2019年8月21日(水)〜25日(日)
会場 ゲーテ・インスティトゥート東京 東京ドイツ文化センター

「バルパライソの長い坂をくだる話」特設webサイト

  夫/父親の遺灰を海に撒きにやってきた人の話、
太平洋を越えた遥か昔の人類の話、
南米パラグアイで観測された皆既日食の話、
沖縄の地で今も眠る戦没者の骨を発掘する男や
小笠原でバーを経営する男の話───

オセアニアや小笠原や琉球の諸島、ラテンアメリカの
各国を自身で歩き集めたエピソードが織りなす
“メッセンジャーとしての演劇”。
自身の劇言語を確立し、文学界からも注目を集める
神里が「移動」で歴史を切り拓く。

作・演出:神里雄大
美術:dot architects、廣田碧
出演:マルティン・チラ、マルティン・ピロヤンスキー、マリーナ・サルミエント、エドゥアルド・フクシマ

主催:岡崎藝術座、株式会社precog
提携:ゲーテ・インスティトゥート東京 東京ドイツ文化センター
後援:アルゼンチン共和国大使館
助成:芸術文化振興基金、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
製作:KYOTO EXPERIMENT

※終了しました。新作パフォーマンスのチケット発売中

詳細ページへ

※本公演は終了しました。ご来場の皆様ありがとうございました。

2019年1月16日(水)〜20日(日)@京都芸術センター
2019年2月9日(土)〜17日(日)@横浜 CASACO

アルゼンチン風牛焼肉(アサード)つき、レクチャーパフォーマンスを開催します。
チケット発売になりました。
各回とも30枚のみ、肉の準備があるので基本的に前売のみの販売です!
お待ちしています!

ウェブマガジン「あき地」にて連載スタート

本日より、神里の南米取材に関する連載がスタートしました。隔週での連載予定です。

「ペルー、アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ブラジル、ニホン、ワカモノ」亜紀書房ウェブマガジン「あき地」にて

 

「バルパライソの長い坂をくだる話」が第62回岸田國士戯曲賞を受賞

>>第62回岸田國士戯曲賞発表(白水社ウェブサイト)

受賞にともない、「バルパライソの長い坂をくだる話」を含む最新3作+書き下ろしのエッセイを収録した単行本が4月20日(金)より発売されます。
>>「バルパライソの長い坂をくだる話」(白水社刊)

「新潮」3月号に掲載

神里雄大 寄稿

・今月の特集「◆創る人52人の「激動2017」日記リレー」
* 52人の作家が1週間ずつ日記を書くというもので、チリのサンティアゴなどにいた1月8日〜1月14日の分を寄稿。
・磯部涼さん著「ルポ川崎」について、「北部レペゼンかわさき書評ペルー日記」というタイトルの書評を執筆。

演劇研究者内野儀氏による、去年KYOTO EXPERIMENTで発表した『バルパライソの長い坂をくだる話』の批評「観光客の演劇――神里雄大の時代」掲載。