+51 アビアシオン, サンボルハ

© all photos by Yuta Fukitsuka

[作]神里雄大
[初演年]2015年
[上演時間]約75分
[出演]大村わたる(柿喰う客)、小野正彦(岡崎藝術座)、児玉磨利(松竹芸能)

>>収録戯曲集

上演記録
2015年
横浜公演 2月13日〜20日、STスポット
鹿児島公演 2月28日・3月1日、e-terrace
熊本公演 3月6日・7日、早川倉庫
京都公演 3月11日〜15日、元・立誠小学校 講堂
東京公演 3月19日〜23日、Tokyo NICA: Nihonbashi Institute of contemporary arts
福岡公演 5月10日、イムズホール(イムズパフォーミングアーツシリーズ2015 vol.2、第9回福岡演劇フェスティバル参加作品)
仙台公演 5月30日・31日、せんだい演劇工房10-BOX box-1
札幌公演 7月4日・5日、シアターZOO(シアターZOO提携公演【Re:Z】)

2016年
シドニー公演 1月21日〜24日、Carriageworks(Sydney Festival)
横浜公演 2月6日〜8日、STスポット
ブリュッセル公演 5月23日〜28日、Les Brigittines(Kunstenfestivaldesarts)
三重公演 7月9日・10日、三重文化会館 小ホール
パリ公演 10月5日〜9日、Théâtre de Gennevilliers(Festival d’Automne à Paris)

2017年
ジャカルタ公演 9月6日・7日、Salihara Black Box
ジョグジャカルタ公演 9月10日・11日、Kedai Kebun Forum

ドラマトゥルク
荒尾日南子
照明
黒尾芳昭[2015年]
筆谷亮也[2016年〜2017年]
音響
和田匡史
技術監督
寅川英司[〜2016年3月]
舞台監督
河野千鶴、渡部景介[〜2016年3月]
大久保歩(KWAT)[2016年7月〜2017年]
映像
ワタナベカズキ
写真撮影
富貴塚悠太
宣伝美術
古屋貴広(Werkbund)
英語字幕翻訳
オガワアヤ
制作協力
四元朝子[鹿児島公演]、古殿万利子 [熊本公演]、植村純子 [京都公演]、加藤仲葉[三重公演]
制作補佐
水谷円香[〜2015年3月]
企画制作
株式会社precog
統括プロデューサー:中村茜
チーフプロデューサー:黄木多美子
デスク:河村美帆香
制作:松本花音、兵藤茉衣
デスクアシスタント:水野恵美、岡本縁、崎山貴文

製作/主催
岡崎藝術座、株式会社precog、
三重県文化会館(三重公演)

助成
公益財団法人セゾン文化財団、芸術文化振興基金、アーツコミッション・ヨコハマ[横浜公演]、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)[東京公演]
協力
柿喰う客、松竹芸能、公益財団法人日本国際協力財団、NPO法人フリンジシアタープロジェクト[京都公演]
後援
レディオキューブFM三重[三重公演]