ニオノウミにて

© all photos by Yoshikazu Inoue

[作]神里雄大
[初演年]2019年
[上演時間]約100分
[出演]浦田すみれ 重実紗果 嶋田好孝


Happy Prince Fish!

飲み屋で出会った釣り好きのオッチャンは、よく琵琶湖に行くらしい。おでんを食べながら、オッチャンから聞いた話。

琵琶湖ではもうずっと、「外来魚」の繁殖が問題になってる。そいつらが琵琶湖固有の魚を食べちゃうから。だから、行政は「外来魚回収ボックス」ていうのを湖岸に設置して、釣れたらそこに入れてください、ってやってる。要するに捨てるの。ブルーギルとかブラックバスとかね、捨てないといけない。でもバス釣りの連中は、魚に罪はないとかマナーがどうとかなんとかかんとか言って、リリース(再放流)してるの。おれは捨てるよ、ポイポイって。ところで、日本にブルーギル持ってきたの誰だか知ってる?

オリンピックを間近に控えたころのことだった。アメリカ外遊中に出会ったブルーギルを、食用として、日本に持ち込むことを殿下は決意したのだった。ブルーギルは、「おめでたいプリンスフィッシュ」と崇められ、日本各地に放流された。

>>戯曲
 >>特設サイト


上演記録
2019/2020ツアー
京都公演 2019年10月25日〜27日、京都芸術センター KYOTO EXPERIMENT国際舞台芸術祭2019作品
那覇公演 2019年11月8日〜10日、アトリエ銘苅ベース
横浜公演 2020年1月11日〜19日、STスポット

クレジット
舞台美術+照明
dot architects
舞台監督+音響
大久保歩(KWAT)
衣装
大野知英
制作統括
本郷麻衣
制作
京都公演:遠山きなり、萩原麗子(京都芸術センター)
那覇公演:鳥井由美子
横浜公演:武田知也、藤井さゆり
照明アドバイザー
十河陽平

琵琶演奏
菊央雄司
三線演奏
渡久地雅斗
三味線演奏
山道弥栄
声出演
西田範次

企画製作・主催
岡崎藝術座
共催
京都公演:京都芸術センター、KYOTO EXPERIMENT
那覇公演:那覇市
横浜公演:STスポット
助成
芸術文化振興基金、アーツコミッション・ヨコハマ
協力
株式会社precog、木下歌舞伎、合同会社elegirl、 シバイエンジン、アサダメッシュ株式会社